主婦が借入を考えた場合に知っておくべき事

主婦が借入を考えた時に知っておくべきなのは「総量規制」です。

総量規制とは
総量規制とは個人の借入総額(他業者間の合算)が、年収の3分の1までに制限される仕組み

パートやアルバイトで収入のある方は、年収の3分の1まで借入することが可能ですが、収入のない主婦の方は配偶者の収入証明等があればキャッシングすることは可能です。
(主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。)

 

ただ、家族にバレたくないという方もいるかと思います。
実は、上記の総量規制は消費者金融系の会社には適用されますが、銀行が運用しているカードローンは対象外になっています。
総量規制対象外の業者であれば、本人確認資料(運転免許証等)のみで借りる事が可能です。

 

下記に主婦におすすめの業者を紹介していますが、総量規制の対象か、対象外か一目でわかるように比較していますので参考にして下さい。
総量規制対象確認 画像

主婦におすすめの安心なキャッシングなら!

レディースレイク

急な出費が多い主婦の心強い味方となってくれるのがレディースレイクです。

レディースレイクは新生銀行系として高い人気を集めるレイクが行っている女性専門のサービスです。
インターネットで申し込みができるので来店不要です。
専任の女性スタッフ対応の女性専用フリーダイヤルがあるのも嬉しいですね。
借入後の相談も受け付けています。
安心して借りられ無利息期間が利用できるのも主婦の間で好評です。

貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円まで
(主婦の場合は最大30万円まで)
対象外
レディースプロミス

レディースプロミスは、プロミスの女性専用サービスです。

女性専用のフリーコールがあり女性オペレーターが申込みやキャッシングなど不安に感じる主婦をしっかりとサポートしてくれます。
もちろん業界大手のプロミスが運営するサービスですから信頼感も抜群です。
女性のための気配りを備えたレディースプロミスなら、安心して利用することができます。
申し込みはインターネットでできるので自宅にいながら申し込めて便利です。
無利息期間もありますので上手に利用してください。
(30日の無利息期間利用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円まで
(主婦の場合は最大30万円まで)
対象
(パート・アルバイト等安定した収入がある方)
みずほMyWing わたし応援ローン

大手都市銀行最大手のみずほ銀行の「みずほMy Wing わたし応援ローン」は女性の利用者も多いカードローンです。

申し込み時に口座がなくてもOK!
口座をお持ちの方は即日融資も可能です。
低金利で借りられるので毎月の返済も負担を最小限に抑えられます。
返済の期間・回数・金額も事前に自分で調べられる返済シミュレーションもあり安心して申し込めます。

 

貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
年9〜14%(※) 10〜200万円(※)
(主婦の方は30万円まで)
対象外

(※) ご利用限度額200万円(金利年9.0%)は、すでにみずほMyWingをご契約されている方で、ご利用限度額を増額する場合のみ設定させていただきます(お客さまが選択することはできません)。

主婦借入について

 

安心してキャッシングできた主婦 画像

突然まとまった費用が必要になるのは、必ずしも一般のサラリーマンだけとは限りません。
急な出費が必要になる場合というのはそんなに頻繁に起こるケースではないまでも、主婦であっても起こりうる可能性が十分考えられます。
こうした急な出費の最も代表的な例といえば、冠婚葬祭です。
結婚式は以前から準備できるとしても、身内の不幸や、出産などは突然やってくるものです。
その時は何とか費用を工面することができたとしても、こうした祭事が重なったり、あるいは重ならなくてもその後の生活費などが少し苦しくなるといったことは十分考えられるといえるでしょう。
しかも給料日まではまだ日があるため、しばらくは苦しい状態でしのぎ続けなければならないうえに、外で働く夫にはなかなかこうした事情は理解してもらえないものです。

 

こうした時の強い味方となるのが、消費者金融をはじめとする各種キャッシングです。
キャッシングといえど、いわゆる「お金の借り入れ」のためあまり良いイメージがないという人もいるかもしれませんが、急にまとまったお金が必要となった場合に、こうしたキャッシングを利用することは決して悪いことではありません。
あくまでも緊急避難的な状況で利用することは、むしろ家計的にも助かるといえるでしょう。
さて、主婦の人がキャッシングを利用するにあたり注意したいのが収入です。
キャッシングとは前述のように「お金を借り入れる」ことのため、一定の収入がない人の場合は返済能力がないとみなされ、融資を受けることができません。
特に気をつけたいのが、総量規制という規定です。
これは、キャッシング業者から融資を受ける際の上限額を定めた規定で、住宅ローンなどを除いた借り入れ金の総額を年収の3分の1までとするものです。
そのため、パートなどで収入を得ている人はともかく、仕事をしていない専業主婦の場合は収入がありませんので、キャッシングを利用することはできないということになります。

 

それでは借り入れ金を受け取ることができないと思うかもしれませんが、実は専業主婦でもキャッシング業者から融資を借り入れることができます。
専業主婦の場合、配偶者が会社などに勤めており一定の収入があれば、それが申し込んだ人の「収入」とみなすことができます。
専業主婦カードローンについては【専業主婦カードローン】収入0円でも家族に内緒で借りれますで調べましょう。
こちらで記述されているとおり本人に収入のない専業主婦であっても、配偶者に収入があれば、返済能力があると判断できるということになります。
配偶者の収入でキャッシングを利用するため、相談のうえで利用することが望ましいのですが、希望すれば本人以外には内緒で利用することも可能です。

 

配偶者の収入をもとにキャッシングを利用する場合は、業者により異なりますが、利用できる融資額に上限がある場合がほとんどです。
また、配偶者に既に他社からの借り入れがあった場合には利用できない可能性もある等、必ずしも利用できるとは限りませんが、それでも専業主婦がキャッシングを受けられるという点は大きなメリットといえるでしょう。
上手に活用すれば急な出費があった場合でも安心して備えることができます。