銀行系キャッシングについて

銀行系キャッシングの最大の特徴かつメリットといえるのが、総量規制の対象外という点です。
消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象となり、借り入れ総額が年収の1/3を超える借入れは実質不可能となっています。

 

銀行系キャッシング画像

 

つまり年収が極端に低い方や自身に収入のない専業主婦などは、こうした金融機関からの借入れは不可能なのです。
これに対して銀行系キャッシングならその心配がありません。
働いていない専業主婦の方でも配偶者に収入があるなど一定の条件を満たせば申し込みが可能です。
また総量規制がかからず借入額に制限がないので、大口融資を希望している方にもメリットは大きいです。
年収の1/3までの金額となると借り入れする額はどうしても限られてきます。

 

でも総量規制にあたらない銀行系なら、比較的大きな金額の融資も申し込めます。
銀行系のカードローンでは限度額が大きめに設定されているものが多く、大口融資にも十分対応できます。
また金利が低めなこともポイントです。
キャッシングで気になるのが金利が何パーセントであるかという点です。
わずかな金利の差でも返済総額は大きく変わってきます。
返済に時間がかかるほど利子がふくらんでしまうので、金利の差がものをいうのです。
金利も低めで大口融資が可能なことから、銀行系キャッシングをおまとめローンとして活用する方も多いです。
複数のカードローンの借り入れをかかえて個々に金利がかかるよりも、一本化して借入額を大きくすれば金利がグッと下がってお得になります。
従来では銀行系キャッシングは消費者金融にくらべて審査が厳しく時間もかかるといわれていました。

 

しかし最近ではスピーディな審査をウリにしている銀行系キャッシングも多くなっています。
また条件を満たしていればスムーズに審査を通過することも多く、一概に厳しいとはいえません。
ホームページなどに記載されている申し込み条件や金利に関する情報をよく確認して、じっくり検討されることをおすすめします。

 

>>主婦におすすめのキャッシング業者比較はこちら