闇金融を見分ける方法

闇金融見分け方画像

 

カードローンの人気が高まる中、現在多くのキャッシング業者が存在しています。
一般的に認知度が高い大手銀行から消費者金融までさまざまなカードローンがあります。
近年いわゆる闇金のような悪徳業者は数を減らしてはいますが、いまだに存在することも事実です。

 

 

こうした闇金融を見分ける方法として、金融庁が提供している「登録貸金業者情報検索入力ページ」を利用する方法があります。
登録貸金業者情報検索入力ページというのは、金融庁のホームページ上にあります。
金融業者の登録番号を入力して検索するだけの簡単作業です。
登録番号というのは例えば「関東財務局長(○○)第○○○号といった番号です。
この右側の第○○○号という部分だけでも検索できます。
もし登録されていない業者の場合、登録情報が出てきません。

 

このように番号に該当がない業者は怪しいといえます。
この検索結果は更新の有無などにより100%信憑性があるとは言い切れませんが、大いに参考になります。
ここでヒットしなかった業者からの借入れは、まずやめておいたほうが賢明です。

 

また日本貸金業協会協会員検索入力ページから調べる方法もあります。
まともなキャッシング業者であれば、ほも間違いなくこの日本貸金業協会の会員である場合がほとんどです。
そもそも闇金の可能性がある怪しい業者に手を出してしまうのは何故でしょう。
闇金融は、誰もが甘い審査で低金利のキャッシングを利用できるかのような宣伝を行っていることが多いです。
謳い文句につられてしまうのは、ブラックリストに載っていたり多額の借り入れを抱えているといった方です。

 

やはり普通の金融機関では審査に通りにくくなります。
どうしてもお金が必要になり、切羽詰ってつい闇金の手口に乗ってしまう可能性が高まるのです。
悪徳業者に引っかかってしまうと後が大変です。
冷静な判断ができるよう、日ごろからきちんとお金の管理やキャッシング計画を行うことが大切です。

 

>>主婦におすすめのキャッシング業者比較はこちら