クレジットカードでお金を借りることとキャッシングの違い

手軽にお金を借りられる方法としては、カードローンがよく知られています。
カードローンは専用カードを使ってキャッシングをします。
カードローンの融資限度額は少額から大口融資まで幅広いのが特徴です。
また金利は比較的低めに設定されています。
返済はリボルビング払いが一般的で、毎月一定額を返済していく方法が取られます。
金利は限度額が小さい場合は金利が高く、限度額が大きければ金利が低い設定になっています。

 

似たようなものでは、クレジットカードでお金を借りる方法があります。
クレジットカードに付随したキャッシング機能を使って借り入れを行います。
現代社会において多くの方が1枚は持っているとされるのがクレジットカードです。
元々クレジットカードの目的はショッピングでの利用です。
現金の持ち合わせがなくても手軽に買い物ができるメリットがあり、たくさんの方が利用しています。

 

さらに安全上多くの現金を携帯したくない方などに向けて、ショッピング以外でも必要なときに手軽に現金を引き出せるキャッシング機能が付加されるようになりました。

 

クレジットカードとの違い画像

 

クレジットカードを新規申し込みする際には、条件によりはじめからキャッシング機能が付随していることもあります。
最初の時点でキャッシング枠が付かなかった場合でも、クレジット会社が利用状況に応じて後日キャッシング機能を追加するケースもあります。
クレジットカードのキャッシング枠は、通常最大50万円など比較的低いものが多いです。

 

また金利はカードローンと比較してやや高めです。
少額の利用に抑えられるので利子も膨らみにくく、翌月に一括返済するのが一般的となっています。
中にはリボルビング払いを選択できるクレジットカードもあります。
カードローンもクレジットカードも、銀行やコンビニATMを利用して現金を引き出せる点は共通しています。
両社の違いをよく認識して、自分の目的に合ったキャッシング方法を選択するのがおすすめです。

 

>>主婦におすすめのキャッシング業者比較はこちら